読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修羅の国のミニマリスト

かおる先生のゆるふわ診察室

持ち歩いてる荷物は防具⁉︎小さなバッグにして感じた不安感

またしても雲行きが怪しくなてきました。今日は久しぶりにお外でご飯の予定なので、天気にも仕事の終わり具合にもドキドキなかおる先生です。

 
しつこく募集中のこちら▼
に、きょんさん&ゆずはらさんからも素敵記事頂きましたー♡ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
 
きょんさん▼
シンプルでカッコいいです。チャコットお揃いで嬉しいです♡
 
ゆずはらさん▼
メイクの手順までしっかり書かれてて参考になります。女子力高いです(*˘▿˘✽) 
お2人ともありがとうございます!そしてまだまだしつこく募集中です(笑)
 

かおる先生お出かけするの巻

さて、冒頭にも書いたとおり本日は久々にお外でご飯の予定です。かおる先生的にゴー☆ジャスなお店に連れて行って頂くので、いつものデカバッグ(ハードカバーの本にA4資料がバンバン入る)はさすがにまずかろう……というわけで、当社比小さめのバッグにご登場頂いたわけですが!
▼こちら。リボン好きにはたまらない可愛い子です。
f:id:shuramini:20150624162354j:image
なんというか…不安感ハンパない……っ‼︎ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
お出かけバックの中身は後日公開するとして、不安感を感じた自分にびっくりしました。ミニマリスト修行中とか言いつつ、「だって仕事に必要なんだもん」とデカバッグをずっと使ってたかおる先生……大反省です。
 

なぜ、荷物が少ないと不安なのか?

どうも「なにかあったときにどうしよう⁉︎」という心配が根っこにあるみたいです。例えば、雨が降ったらどうしよう?絆創膏必要になったら?爪切り要るかも⁉︎ みたいな、普段はほとんど気にしてない程度の心配が荷物を減らして身軽になったことで現れてきたみたいです。かおる先生の場合は、通勤読書用の本がないことで「暇になったら、どうしよう?」という不安が巻き起こりました。冷静に考えたら、iPhoneはあるのだから色々できるし、ボーッと考え事をしたっていいのに、です。
 

持ち運ぶ荷物を防具にしてた

重たい荷物は「○○したらどうしよう〜!」ていう無意識の不安感から自分を守るための、盾や鎧みたいな役割を持ってました。"荷物の多い人は心配症"っていうのは正しいなと思いました。
 

ミニマリストに防具は要らない

「モノがなくても大丈夫!」と感じられるのはミニマリストならではの強さです。モノに自信をもらうのではなくて、何も持ってなくても自分そのものに自信を備えているからなんでしょうね。本体の防御力がすでに高いというか……カッコいい!持ち歩いている荷物は、持ち歩く本人自身の縮図なんだと思います。単純に「少なければいい!」という訳ではなくて、自分にとって最適な量と質を見極めて、なるべく身軽に歩きたいもんです。
 
 
 
広告を非表示にする