修羅の国のミニマリスト

かおる先生のゆるふわ診察室

待ち時間を楽しむ。

先日、たまたまお使い物を頼まれた時に行列に並ぶ機会がありました。10人くらいの列かな?デパ地下だったのですが、並んでいる他の方たちを観察するのが面白かったです。普段ほとんど並ぶことないので中々興味深い(笑)

 待ち時間に何してる?


Waiting / angelocesare

デパ地下の有名な回転焼き屋さんだったので、(福岡人ならこれだけでどこの行列かわかるはず(笑))並んでる年齢層やや高め。更には御婦人率高め。夏休み中のファミリー層も結構います。和やかに会話したり、目にも留まらぬ速さで焼かれる姿をじーっと眺めたり。あとはスマホですね。若い人は列に並んでいるときもスマホでゲームやTwitterしてる人が多かったです。高齢な方でもメールや電話で数を確認してる人もいました。電車の中だったら、もっとスマホ使ってる人が多かったのだと思います。そう考えてみたら、スマホが普及して「退屈してる」 時間て少なくなりましたよね。


The Cruel Waiting Room / jeffk

待ち時間に何をしているかが、その人の本性をあらわす。

なぁと思いました(笑)今回の待ち時間は回転焼きができあがるまでの、ほんの15分足らずでした。そんなたった15分の過ごし方ですら人それぞれでした。そもそも、行列に並んで美味しい回転焼きを買おうというチョイスをしたのも、その人ならでは。そう考えたら、不思議な気持ちになりました。本当に日々無数の選択を私たちはくりかえしているんだなぁ〜と。

頭の中の自由は奪えない

駅のホームで傘を片手にゴルフのポーズをしているスーツ姿の人、バットに見立てている小学生。楽しそうです。本の世界に没頭する人、スマホの画面を覗き込んで微笑む人。窓の外をぼんやり眺める人。みんなそれぞれの頭の中に世界があって、それは誰にも奪えない。

いらいらしても、そわそわしても。待ち時間が短くなるわけじゃありません。それならば、機嫌よく待たされたい、と思います。ながーい目で見たら、「今」っていうなんでもない瞬間だって死ぬまでの待ち時間と言えるかもしれませんものね(◍•ᴗ•◍)

 

▼ランキングに参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ http://blog.hatena.ne.jp/shuramini/shuramini.hatenablog.com/entries

広告を非表示にする