読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修羅の国のミニマリスト

かおる先生のゆるふわ診察室

続・誕生日プレゼントどうするか問題

雑談

Birthday Cake / chidorian

▼ 前回、こんな記事を書きました。

shuramini.hatenablog.com

 それについて、みうさんとたんたんさんが素敵な記事を書いて下さったので、今日はその後日談を報告させていただきたいと思います。

【持たない暮らしと贈り物】夫婦・家族へのプレゼント事情。:ヨガとシンプルライフ

fudan-color: 夫婦間のプレゼント事情

 

【結論】リクエストするのは難しい


Birthday gifts / Droid Gingerbread

話の流れとしては前回も書いたのですが、この「欲しいものをリクエストする」というのがどうにもこうにも自分にはハードルが高い。理由としては

  • 差し迫って欲しいものが思いつかない
  • あったとしても自分で買える(その方が気兼ねしない)
  • どれくらいの価格帯をリクエストするのが適切か分かりにくい

などが挙げられます。たんたんさんのように


私がおねだりするのは、実用的で普段から使うもの且つ、それほど大物ではないもの。そのとき必要で買おうと思っていたもの(後略)

さらっと自然にリクエストできたら理想なのですが、中々にそれが難しく……結果的にはこんな風に落ち着きました。

ミステリーディナーにご招待


Fine Napa Valley Dinner Wine / Steve Corey

今までに「ミステリーツアー」はしたことがあります。本当に楽しくて思い出深い体験になりました。「またしたいね~」と言っていたのですが、休みも取れないので、その簡易版です。

 手順

  1. 相手に食べさせたい(または自分が食べたい)お店を予約する。
  2. 当日待ち合わせだけして、どこのお店に行くかは聞かない。
  3. プレゼントはお花かお菓子くらい

こんな感じです。基準は面白系でも良いし、「普段行くにはちょっと敷居が高い」お店でもOK。順番は誕生日の早い順、かおる先生の方が早かったので、早速お祝いしてもらいました。

 f:id:shuramini:20151030180253j:image

じゃーーーん!

はい、もう悶絶ものの美味しさでしたとも……!!大概酔っ払っていたので写真ブレブレですが(笑)!名前は聞いたことがあるものの敷居高すぎて行ったことがないお店。シェフが一人でされており、ワインもたくさん。当然お料理も絶品です。……やるな!!

 f:id:shuramini:20151030180303j:image

最後にサプライズでケーキも頂いちゃいました。悔いはありません……今度はかおる先生がエスコートする番なので、せっせと食べログやら周りの人への聞き込みやらをしているところです。

これも、みうさんのいう

 

贈り物は「体験」を贈る。

て、ことなのかな~と思ったりします。物はいつか壊れたりなくしたり、そのときの自分にそぐわなくなってお別れすることになることが多いです。だから、「体験を贈る」というのはすごくしっくりきました。後々までネタになるような体験があれば、それも面白いですし!ミステリーデートというのも良いと思います。

あとは、モノだとどうしても好みとか値段とか、この値段でこれを買うならこっちの方がコスパ良いのにーとか考えてしまいます(すごい失礼なことなのですが)が、それを考えなくていいのもこの「体験を贈る」の良いところだと思います。


配偶者含めて家族や友人との関係性の中では、”コスパ”という言葉をあえて使わないようにしています。コスパって言葉の響きが何となく大切なものを切り捨ててしまうような気がするので。完全に好みの問題ですが、言霊大事(笑)喜びや慈しみがそこにあれば一緒にいる、負担や悲しい気持ちにしかなれないのであれば離れる。今のところはシンプルにそれだけでいいんじゃないかな、と。モノと向き合うことも、ヒトと向き合うことも本質は同じだと思うのですが、やっぱりそこは言霊重視で(笑) 

さあ~て、またちょっと食べログ検索してきます(笑)!!ここまでウダウダを読んでいただきありがとうございました!

 

広告を非表示にする